関西に拠点をおく警備会社、大阪の警備会社コスモ警備保障。常駐警備、機械警備、個人様向けホームセキュリティシステムをご提案致します。


会社案内

ECOへの取り組み

機動車・営業車にハイブリッドカーを導入しCO2削減

機動車・営業車にハイブリッドカーを導入しCO2削減2010年度から機動車・営業車にハイブリットカーを導入し、全社一丸となってエコへの取り組みを広げています。


関西エコオフィス宣言

空調、照明設備の省エネ化を推進 当社は、2008年度より関西広域機構(KU)の「関西エコオフィス運動」に賛同し、法人としての登録を早々に完了しています。

重点取組の一環として、オフィス内の適正冷房の実施の徹底と「クール・ビズ」活動を積極的に推進し、省エネルギーについて取り組んでいます。

オフィス内のエアコンは27~28℃に設定し、本部社員は軽装勤務の奨励し、ノージャケット、ノーネクタイで職場環境において決して信用と品位を損なわない清潔感を保った軽装で、勤務をし、ご来社いただくお客様にもポスターなどを掲示しご理解を頂戴しながら応対などをいたしております。(但し、各事業所配置の警備員は通常通り、当社の制服を着用し業務をしています。)

オフィス内に観葉植物をとりいれたり、窓を開放し風をとりいれてリフレッシュするなど大阪都市部のヒートアイランド現象の軽減に少しでも近づけるよう、身近なことから社員一人一人が工夫しております。


日本興亜エコ安全ドライブコンテストを2年連続受賞しました。

日本興亜エコ安全ドライブコンテストを2年連続受賞しました当社は、環境省の『チームマイナス6%』運動に引き続き賛同し、『チャレンジ25キャンペーン』(地球温暖化対策推進国民運動)」の活動を続けております。

私どもは、2008年度から続けて参りましたチームマイナス6%運動のクールビズ、ウォームビズ運動と共に、資源ごみの分別、社用封筒、事務用品の再生紙利用、グリーン商品の活用、エコドライブの啓蒙、ひいては2010年度から機動車、営業車にハイブリットカーを導入し、全社一丸となって活動の輪を広げております。


「チャレンジ25キャンペーン」へ賛同

「チャレンジ25キャンペーン」へ賛同地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、世界が立ち向かおうとしています。
2005年2月16日には「京都議定書」が発効し、日本は2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられ、様々な対策を進めてきました。

このような中、2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明されました。

政府では、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため、「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止の対策を推進することとしており、そのための温暖化防止のための国民的運動を、「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月14日より、新たに展開することとしました。

「チャレンジ25キャンペーン」は、これまでの地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」から、よりCO2削減に向けた運動へと生まれ変わり展開するものであり、オフィスや家庭などにおいて実践できるCO2削減に向けた具体的な行動を「6つのチャレンジ」として提案し、その行動の実践を広く国民の皆様によびかけてまいります。
(以上、チャレンジ25キャンペーンHPより抜粋)


ページトップへ